またTIGETの話

品質が安定しない理由がようやく分かった。

Googleが開発したreCAPTCHAのうち、TIGETが使用しているのはVersion3という最新のものを使用している。

これがどういうものなのかは、ググればわかるが、人間が操作したものかどうかを判定する機能が付いているという代物である。

そこで、第3者認証を使ってreCAPTCHA Version3を解いてもらい、ゲットしたトークンを使って自動購入BOTで使用してみたところ、スピードがいまいち上がらない。anti-captcha.comや2captcha.comで取得できるトークンは、偽物と判断されてしまうようだ。

reCAPTCHA V3トークンをTIGETサイトから取るのは簡単なので、それを使って自動購入BOTで使用してみたところ、最速タイム(過去記事の6秒台動画を参照)とほぼ同等のスピードで安定することが分かった。

つまり、最新のChromeバージョンを使ったreCAPTCHA V3トークンが必要ということだ。

ここまで分かれば、Chromeからデータを引っ張って来るためにChrome 拡張を作る必要が出てきた。

完成は近い!

2020/11/03 追記

早速、Chrome拡張作りました。TIGETサイトから取得したV3トークンは、PC内部でChromeとBOT間を通信により送受信できるようにしました。
V3トークンを定期的にBOTに送る仕組みは既に完成しており、そのV3トークンを使ったチケット購入手続きについても問題なく高速動作しています。

残った作業としては、複数BOTを起動したときに、それぞれにV3トークンが行き渡るようにする仕組みを設計しています。

完成は近い!

2020/11/05 追記

自作のChrome拡張をchromeウェブストアに置くための準備ができました。今Googleに審査を出しています。公開後、TIGET自動購入の販売を再開します。

2020/11/05 追記

Chromeウェブストアの審査がなかなか通らないらしいので、Chrome拡張はコミュニティサイトで配布することにしました。インストール方法や操作方法についても丁寧に記載しています。

これまでモニターとしてご協力頂いていた方については、PCにインストールされているTIGET自動購入を起動してもエラーになりますので、再度サーバから最新版インストーラを落としてきてください。

正式版をリリースしました。

TIGETの高速化対応

ブラウザによる画面遷移で高速化を図りましたが、思うような結果が得られなかったため、ついに第3者認証を導入することにしました。

これにより、テストチケットにおいて6秒で購入完了するようになりました。
ただし、購入動作を繰り返すと9~10秒になるため、IPアドレスによる速度制限がすぐに入るため、短時間に購入動作を繰り返すのは避けるか、Proxyを毎回変える必要があります。

購入動作を行う前に、reCAPTCHAトークンが2つ必要です。この動画は既にトークンがある状態で始まっていますが、第3者によるreCAPTCHA突破を行ってもらうために、購入動作開始60秒前からanti-captcha.comに対してトークンリクエストを要求する設定にしています。
reCAPTCHAトークンの有効期限は2分のため、2分間の有効期間を表す進捗バーを設置しました。

2020/10/17追記

品質が安定しないため、解決するまで販売保留にしています。

TIGET 自動購入の正式版をリリースします。

TIGETの遅い理由が分かりました。

reCAPTCHAは、1箇所しか無いと思っていたのですが、実は2箇所あって、2箇所目だけreCAPTCHAトークンを付けずに送信していました。

嫌らしいのは、reCAPTCHAトークンが無くても通ってしまう点です。トークンが無いリクエストについては、順番をわざと遅らすようにする仕組みが入っているようです。

上記は、サンプル動画になります。

チケット挿入後は、全てブラウザ動作に変えました。

2CAPTCHAなどの第3者認証を導入すると、これより2~3秒速くなると思いますが、現時点でも手動組よりは、確実に速いと思います。

第3者認証を導入すること自体は問題ないですが、使用状況やフィードバックなどを鑑みて導入していこうと思います。

TIGETのβ版無償配布を行っています

BOTの作りはじめは、手探りな部分があるので、結果を出すためには協力者が欠かせません。

現在TIGETについて問い合わせ頂いている方には、β版の無償配布をさせて頂いております。

スマホから手動で購入するよりも遅かったという意見もあるため、改善の余地がまだまだあることが分かっています。

そのうちの1つがreCAPTCHAの突破方法です。

以前にも本ブログでお伝えしておりますが、現在のreCAPTCHA突破方法は、3つの方法のうち一番遅い方法を採用しております。それは、操作方法が簡単というか、何も準備をしなくて良いからです。

しかし、この簡単な方法は処理時間が遅いことが分かっており、近々より高速になるreCAPTCHA突破方法を導入することを検討しています。

https://2captcha.com/

https://anti-captcha.com/

上記2つに対応した突破方法を導入予定です。この2つについては、他のBOTで既に導入済みのため、実績は十分あります。

これらの使用方法については、各自ググってください。

お前はドン底を経験したことがあるのか??

お前等はドン底を味わった事があるのか??

恋愛でとか言っているお前は死んでくれ。

世間では半沢直樹フィーバーが起きており、下克上は至極当然と言わんばかりの熱い思いが出回っている。

しかし、果たしてお前等はどれだけ屈辱を味わった事があるのだろうか??

どれだけ泥水を啜ってきたことがあるのか??

どれだけこの生ぬるい情勢に如何に逆らってきたのか??

お前等は平和主義者であり、変革を断固拒否して守る事で将来を担保しようと、俺から言えば、お前らが日本をダメにしている張本人だということを分かってない阿呆だと常日頃から言っている輩達なのだから、俺にとってはどうでもよい輩達なのである。

俺はお前等とはちがう。

同じ土俵に立とうとしている時点で甚だ滑稽である。

お前等と俺とではエンジンが違う。

そういうことだ。

TIGET 自動購入のβテスト実施について

8月中にTIGET自動購入ツールを作成予定でいます。

βテストを行いたいと考えているのですが、実施したい理由があります。

TIGETサイトは、受付フォーム画面に暗黙的なreCAPTCHAが仕込まれていて、それを突破する方法は以下の3つがあります。

1.ブラウザからJavascriptで受付フォーム画面の「内容確認」ボタンを押下することで突破する

2.第三者認証(2Captcha、Anti-Captchaなど)を利用して突破する

3.当社製reCAPTCHAトークン生成ソフトウェアと連携して突破する

LivePocketのユーザをみると、女性が利用しているケースも多く、操作方法が簡単であれば利用も増えると考えています。

3は、専用のサーバを立てる必要があるためあまりやりたくないです。

スピードとしては、2 or 3>1の順ですが、2は第三者が突破してくれない限り待たされる場合があります。

いずれにせよ、2と3は、少し知識が必要になるので、それを説明する機会はなるべく避けたいために、1で狙ったチケットの順位が上位になるのかを確認してもらいたい狙いがあります。

ベータテストに参加していた方は、ご連絡ください。

完成時に、テスト用のライセンスコードを送付します。

2020/08/20追記
ベータ版ではなく、正式リリース版を販売開始しました。
今回は、reCAPTCHA突破方法は1番を採用しており、参考動画を販売サイトに載せましたので、参考にしてください。

新たな開発パートナーを向かい入れようとしています。

引き抜きたい人物がいて、金曜日に会う約束をしているのですが、今のコロナ禍の情勢と、その方の状況自体がイレギュラーなので、果たして約束の時刻に姿を現してくれるのか、、、というレベルです。。。

私自身はfastBOTを本業にしたい思いがあるのですが、本業の方が意に反して良く回っており、辞することのタイミングを逃しっぱなしになっているので、他の方に開発をお願いしてfastBOTを盛り上げて欲しいと思っているところです。

その方のことを私なりの解釈でお伝えすると、私より地頭は良いと思います。国立大学に進むこと自体が凄いので。

ただ、その頭の良さを活かしてないなぁというのは、以前から感じていました。まだ若いのでそれはこれから色々経験されていくのだと思いますが。

こんな私ですが、少しでも次へのステップのお手伝いができればと思いお誘いをしています。

どうかこの思いが届きますように。

2020/7/31 追記
スカウト失敗しました。
残念!!

新製品「Paradise」についての問い合わせ

前回、新製品「Paradise」について記載したところ、反応の良い2人(同一人物?)からの問い合わせがあったので、ここで返信いたします。

パラダイス楽しみです。ちなみに作ったjavascriptは何らかの方法で他人も使えますか?良いものが出来たら販売しようと思っています。パラダイスのオープンな思想はBOTも売れますし、使う側も盛り上がるし、良いアイデアだと思います。頑張ってください。

スクリプトを販売するという点は、とても良い視点だと思いました。当社のBOTを使いこなせるという事でもあるし、そのスクリプトを知った人がParadiseを購入してくれればとても良い流れだと思います。

スクリプトを作成した人の著作権を尊重し、インポート/エクスポート機能を付ける予定です。データは暗号化されており、第三者は改変できないようにするのが狙いです。エクスポートするデータは、ScriptとGET・POSTのパラメータのみ公開 or 非公開を選ぶことができます。待ち時間などの設定値は、マシンスペック差があることを考慮して変更可能にします。

また、エクスポートデータのコピーを第三者が使えないようにするため、エクスポートデータ内に、ライセンスの一部(メールアドレス)を組み込むことで、提供先を限定します。エクスポートするときには、メールアドレスを入力してから行う仕組みとなります。

敢えて言おう、流行らないと。 いや、でもこちらに旨味があるなら大好きなWINWINのの関係で頑張ります。 ちなみにParadiseの基本機能として楽天、Yahooは付いてますか?もしついてないなら訴求力不足なのでサンプルで何か付けるとか、いっその事フリーで配布して広告でもぶっこんだらどうでしょうか? サポーターとは中間マージン取られるやつですか?直でユーザーとやりとりしてもいいですか? Script配布はどのように形式になりますか?プラグイン?クローム拡張やNuGet、マーケットプレイスみたいに作者に旨味のある配布は可能ですか? それとも設定ファイルコピペしたり、テキストコピペすれば使える感じ? このBOTが流行ってくれればスクリプトでお小遣い稼げそうなので布教したいです。詳細を教えてください。

この方もJavascriptが使えるようですね。技術を持った人が第三者に有償で提供するのはビジネスという観点でいえばごく普通のことです。

Paradise」の概念は、とあるところでは既にβ版として稼働しており、手順書を準備中です。近日中に講習会を開く予定のところまできています。

7月中に「Paradise」を発売できるように準備していきます。

2020/06/22 追記

以下のサイトに、Paradiseの操作説明(作成中)を載せます。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1g48STwpZ2fy7PID2tbfDtode5SRjQEqObOaS6ox5WhI/edit?usp=sharing

同日、追記
勘違いしている方が多いので、断っておきます。
あなた方が儲けること、および儲け話を持ってきてもらっても、私は一切興味ありません。

2020/06/27 追記

oppai@daisuki.com3:03 AM on Jun 27, 2020

ただで配ってスクリプト売るとかしないと無理っしょ。パラダイス単体でなにできるん?ユーザーなめ過ぎ。

それすら分からないなら、気にする必要も無いだろう。
俺が何に対して舐めているのか意味不明だが、お前が舐めてると感じるなら、ざまーみろだな。

敢えて言おう、雑魚であると。

冒頭からすみません。ギリ初代ガンダム世代なもので、書きたくなっただけです。

最近、本業が忙しくて更新が出来ていなかったため、いくつか伝えたかったことがあります。

まず1つ目は、Amazon自動購入の販売を断念しました。

というのも、あるところでは稼働していますが、そこでもなかなか浸透しないところをみると、野良に配布することにより問い合わせが殺到して、にっちもさっちもいかない状況になるのが目に見えたので辞めました。

2つ目は、それに変わるものという訳ではないですが、どのサイトも汎用的に使えるBOTの開発をしています。

私がこれまで作っていたBOTは、そのECサイト限定に動作する、無駄の一切無い、先着に特化したものを作成していました。

しかし、新しく開発しているBOTは、ユーザ自身がスクリプトやマクロを作成する必要があります。

参考動画は、わかりやすく伝えるためSNKRSのログインまでの動作ですが、これは新開発しているBOT(以下、Paradise)の動作の一部です。

これまで自動購入ツールが作られることが無かったECサイトを自分流にカスタマイズしたスクリプトを作成して、自動購入操作をさせるというものです。

当社が使用しているブラウザはChromiumベースですが、本来全てのブラウザはJavascriptというスクリプト言語により自動動作させることが可能であり、Paradiseもこれを利用しています。

Javascriptは、スクリプト言語でありながら、ブラウザを自由自在に操作できる強力な言語仕様であるため、敷居が高いと感じるかもしれません。

しかし、試せる環境はChromeにもFireFoxにもEdgeにも、当然Safariにもあるため、やる気さえあれば環境は既に整っている訳です。

Paradiseを販売するにあたり、私から使用方法について提供するのはParadiseの操作仕様のみであり、スクリプトについての問い合わせは受け付けない方針です。

Javascriptが得意でParadiseをいち早く利用したい!という方については、スペシャリストという立場でサポートをお願いしたいと考えています。ユーザから問い合わせ1件あたり○,○○○円として解決したらユーザが支払う形態を作りたいと考えています。

我こそはサポータになりたい!という方はご連絡ください。

Paradiseのライセンスは、初回登録時に22,000円(税込み)をお支払い頂き、毎月1,650円(税込み)の使用料を頂く予定です。

そろそろ自分のブランドを確立したい

現状の自動購入ツールを開発する体制は、副業としてのものであり、あくまで趣味レベルでしか活動していません。

本業の傍らでやっている理由の1つとして、妻からの約束である3年継続して売上を上げることが出来ること、という条件があったことがあります。

2017年に本ECサイトを立ち上げて今年で4年目になります。fastBOTの2017~2019年までの売上はプラスだったこともあり、すでに達成していることになります。

そのため、今後は当社の運営を本業にしていくことが今の目標です。

週5日40時間は、本業に取られているという現状を打破することにあります。

いわゆる脱サラです。

サラリーマンという雇用形態は、守られているという安心感と引き換えにその人の時間を拘束させられています。この感覚が麻痺している人はサラリーマンとして一生を終えることが出来るのでしょうが、今の時代背景と照らし合わせてみれば、少子化や戦後の日本と比べた経済事情を比較してみると、時代に合っていないものであることは明らかです。つまり終身雇用というキーワード自体が時代遅れになっているわけです。

年金についても、今の御老体の方々と同等の水準が望める訳でもなく、自分の身は自分で守ることが必然になりつつある世の中にある中で、サラリーマンという雇用形態が時代遅れになっていることは明らかです。

そういう危機感がある一方で、自分の好きなことを本業にすることが最大の目標であり、今まさにそれを実行に移す瞬間だ思う今日このごろです。