餅は餅屋

「何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番良いということのたとえ。 また、上手とは言え素人では専門家にかなわないということのたとえ。」

最近この言葉が身にしみて分かる気がします。

私はファッションについては全くの素人で、ものの良し悪しは全く分かりません。しかし、通信制御アプリケーションの開発には昔から自身があり、たまたまBOT制作に出会ったことがそもそもの始まりです。

 

お陰様で、予想を遥かに超える売上に、気持ちが全く付いて行かないほどのご愛顧を頂いており、感謝の気持ちで一杯です!

 

ただ、妬みがあってもおかしくないのも事実で、これ以上隠し切るのは困難と判断して、税の勉強をしていましたが、2足のわらじならぬ3足のわらじは、どれかを疎かにする以外方法が無くなってしまい、現にBOT開発に滞りが出てきており、もう限界に近いので税のプロに全てをお願いすることにしました。

お任せすることで、BOT開発に専念する時間を増やすことが出来るので、より一層良いものを作っていきたいと考えています。

 

第1段は、楽天自動購入の強化です。

楽天サーバは、他のサイトと比べても、混雑時であってもかなり素早いレスポンスが帰ってくるほど高性能なサーバです。だからこそ、発売開始の直後にサーバに如何にアクセス出来るかが鍵となります。この部分を自動化させるのと、独自のエッセンスを加えることで購入確率を上げようと考えています。

 

第2段は、SNKRS+ BOT制作の続行です。

1度は挫折しましたが、完売までのスピードを考慮してもBOTがあることは間違いないです。最近は、先着商品も増えてきているため、BOT需要があるのは間違いありません。

恐らく最高難易度のBOT制作になりますが、BOTが存在している以上、「他人が出来るのであれば自分ができない訳がない!」をモットーに粘り強く開発を続けたいと考えます。

 

今後とも、fastBOTをよろしくお願い申し上げます。

 

*********** 追記 2017/09/17 ***********

私はサイトのことは詳しくないので、騙されることもあるんですよね。
SNKRS+は先着は無いようですね。ただ、BNBが対応してきたようなので、こちらも負ける訳には行きません!

C++とC#の見分け方

「あのBOTは何の言語で作られているのだろう??」

と思ったことはないだろうか?

 

私はとても気になる。

 

今日はその調べ方を伝授します。

 

http://www.dependencywalker.com/

ここのページから、dependency walkerというツールをダウンロードしてきます。64bitOSの人は、[Download Version 2.2.6000 for x64 [468k]]を選択してください。

使い方は至って簡単で、対象のEXEを画面にドラッグ&ドロップすればOKです。

 

C++で作られたものと、C#で作られたものを比較したのが下の図です。

https://drive.google.com/file/d/0B3j_swkw_6dpMUJOcUFYekNmdUk/view?usp=sharing

左奥の画面は、C++で作られたもので、VCRUNTIME140.DLLが使われていることからもC++で作られているのが分かります。

一方、右手前の画面は、C#で作られたアプリケーションですが、必ずMSCOREE.DLLがリンクされています。

 

BOTの購入確率は、通信環境に左右される部分が大きいですが、細かいところを突き詰めていくと、ローカル環境も侮れません。

C++とC#の速度差はネットで調べれば腐るほどヒットすると思いますが、仕組み自体が異なるので、速度差はあって当然です。

 

 

動作速度は、BOTの大切な部分だと思うので、記事にしてみました。

 

BOTの取扱について

当BOTをご利用頂いているユーザに勘違いして欲しくない点を何点か述べます。

 

BOTというのは、ブラウザの動きをエミュレーションして、サーバからはあたかもブラウザからアクセスしているかのように見せかけておいて、実はコンピュータが自動で行っている仕組みのことを言います。

 

販売しているサーバは、そういう仕組み(BOT)からアクセスされるのは望んでいません。

SupremeはBOTが大っ嫌いです。

adidasについては、あたかも混雑しているように見せかけていますが、あれはBOT対策の1つです。遅くなるのを敢えて狙っています。

ローチケに至っては、ローチケサーバの前にNTTサーバが立ちはだかって、交通整理を行っています。なので、NTTサーバを抜けた先のローチケサイトは、すっかすかの状態です。

BOT勢がやり過ぎた結果がNIKEです。SNKRSサイトは、抽選になったというのもそうですが、私が制作依頼を受けて抽選登録を自動化するBOT制作を試みましたが出来ませんでした。BOTを作る空きを与えない程の対策が施されています。

 

私が何を言いたいかというと、やり過ぎはNGです!

マスターベーションのやり過ぎがNGなのと同じです!

分かりますよね?

 

独りよがりで行った結果が、その他大勢の利用者の妨げになる訳です。あなたのせいで。。。

BOTは細く長くあるべきです。販売サイトと共存していくべきなんです。

販売サイトもBOTから攻められることは勿論想定しています。相手はプロですから、そのぐらいは簡単に見積もれます。

 

私はやり過ぎるユーザを徹底的に排除します!!例えfastBOTに多大な貢献をして頂いている方であっても、例外なくです!!

 

当BOTユーザは、販売サーバにとって脅威となる武器を使用しているということを肝に銘じてください。

 

よろしくお願いします。

 

 

◆◆◆◆追伸◆◆◆◆

楽天 自動購入をリニューアルしました。

前回リリースしたものとの違いは、購入中にログインする手続きを省くことが出来たため、より購入確率が高くなりました。2週間のお試し期間を設けましたので、是非ご利用ください。

BNBブログでSupremeサイトの画像認証についての記事がありました

今日は、ユーザから、BNBのブログにSupremeの購入時の注意という内容で、事前認証についてのことが書かれているよと連絡があったので、そのことについての記事です。

Understanding Supreme Captcha

上のブログを見てもらえば分かりますが、checkout画面前に突破した画像認証では、購入できないと記載されています。

 

私自身試してみたところ、自動認証突破ができないように対策されていました!!

事前認証はNG、Googleログインによる突破も出来なくなっていました。

 

直ちに調査いたします。

進展があったら、また報告いたします。

 

◆◆◆◆追記◆◆◆◆

色々やっていたら事前認証は出来るようになっていました。ちょっと訳がわからないですが。。。

Googleログインは、相変わらず失敗します。しばらく動かしてなかったので、それでかもしれませんが、以前はそんなことはなかったので、ユーザの方は試してください。

 

最近は、2017SSのときのキムタクパーカーのときの「名前BAN」喰らったときからどうも自分で購入することに億劫になっています。。。

酷い話なんですよ、これ。

聞きたい人はコメントくださいw

 

◆◆◆◆追記◆◆◆◆

本日、ユーザからの連絡で、Googleログインで普通に画像認証突破出来たという報告を受けました。

 

結局、自分のアカウントが何故か画像認証が出るようになってしまっただけのようです。

そして、BNBはHavesterが使えなくなった?!ということでしょうか?

デマは気をつけましょう!

今日は、ユーザからの報告に笑いを通り越して怒りを覚えました。

 

Tiwitterの投稿で、

USサイトは、stateとcountryが追加されていた!

 

前からだは

 

 

ユーザからこのような情報が上がってくること自体イラつく原因ですが、そういうデマを出す方は、そいつを無茶苦茶にしてやりたいぐらいの気持ちです。

 

つぶやく方は、相当いい気になって書くんですよ。そしてそれに流されるやつがわんさかいるわけですよ。

 

流されるやつと、垂れ込むやつは大抵どこでもそうなんでしょうね。

 

 

信じられるのは己だけです。

近々ローチケBOTをデビューします

BOTをデビューする上で一番大切にしていること、それは購入出来るレベルにあるかどうかです。

 

以前、楽天BOTをデビューしたのですが、結果を出すことが出来なかったのと、改善の余地があることが分かりましたので、一旦引き上げました。こちらについても最速を目指すべく改良して戻ってきますので、もうしばらくお待ちください。

 

今回、そのレベルに達したと判断出来たので、「ローチケBOTと「EX-FAMILY with ローチケBOT」を今月末を目処に販売開始します。

ローチケと言えば、しばらくお待ちください。画面でお馴染みのアクセスウェイパを使用しているサイトで、ブラウザ操作で購入するのが非常に困難なサイトです。

また、チケット販売業者がこぞってBOTを使用しているため、一般の方が通常価格でチケットを購入するのが非常に困難になっています。

当BOTは、この状況を打開する有用なツールとして提案いたします。

 

今後とも、fastBOTを宜しくお願いします。

業者よりブランドファンを大事にします

転売は悪です。

法律的にはグレーゾーンです。

 

本当に欲しいと思っている人を妨げる行為は、公平ではありません。

当BOTが本当に欲しい人のツールになるように願っています。

 

業者は、大量に購入して、儲けが薄いものを大量に転売することで、利益を出しています。

 

当BOTは大量購入することを目的としていません。

欲しいものは大量に購入する必要がないからです。

 

いまや、オンラインストアではBOT無しの購入は絶望的です。それは業者が大量に購入しているからです。

 

当BOTは業者にも負けない、より確実に購入することを目的としています。

 

確実に購入するためには、そのサイトの癖などの情報を頂けると非常に助かります。

私はツールを作るだけで、そのサイトに詳しい訳ではないので、例えば購入中にタイムアウトが起こった場合にブラウザバックしてから再度購入手続きを行ってよいかどうか。このような情報をプログラムに取り込めば、より確実な購入手続きが行えるようになります。

 

購入者には、私が持っている情報の全てを伝授します。そして、あなたも私に貴重な情報をご教示ください。

 

今月末には、待望のSupreme 2017 AWシーズンが始まります。

立ち上げに参戦したのは、前回の2017 SSが初めてでしたが、サイトが微妙に変わったらしく、正しく動きませんでした。

この対策としてソフトの作りは汎用的な設計方針に変えたので、サイトが微妙な変化で済むのであれば来季の購入は可能だと思います。

 

サイトが更新するのはBOT対策以外の何者でもありません。

今は、小規模な変更については無償で対応しています。変更する費用は、購入頂いている方々から頂いています。

購入が途絶えたときは、既存ユーザから取ることになるかもしれませんが、今のところは予定ありませんので、ご安心ください。

 

これからもfastBOTをよろしくお願いします。

ブログを開設しました。

fastBOTを運営して3ヶ月が経ちましたが、一方通行になっているのがなんとなくもどかしかったので、ブログという形で情報発信していきたいと思い、開設しました。

情報発信といっても、SupremeやAdidasなどの最新情報については私自身全くの素人で、ぶっちゃけファッションには興味がありません。

興味があるとすれば、より確実な購入が出来るソフトを作ること。その為には最速になれるようなものを作ることに尽きます。私が何を考えながらものを作っているかをご理解頂けたらという思いもあります。

更新は不定期になると思いますが、よろしくお願いします。

 

話は変わりますが、本日マイカーが車検から戻ってきました。

マイカー名は伏せておきますが、海外の車です。最近は、車の中の至る所でソフトウェアが活躍しており、今日はその恩恵を実感した次第です。

私の車は、サイドブレーキが自動で効くようになっているのですが、車検に出す前は、発進時にサイドブレーキが少し掛かり気味な状態が0.5秒ほどあったために、小さくガックンとなっていたのですが、車検後にはそれが無くなっていました。驚くぐらいスムーズな発進だったので、記事にしたくて堪らなくなってしまい、今に至っていますw

海外のソフトウェア開発の進め方は、日本と大きく違う点があります。

日本の場合、リリース時にはバグ0を目指して、リリース後にバグがあることはあまり良いことではありません。しかしこれが海外の場合になると、リリース時には50%程度の品質であってもリリースします。リリース後に客からのフィードバックなどがあって、アップデートが繰り返されます。よく50%でリリースできるなと思うのですが、あちらはそれが普通なので、一緒に開発するとかなりイラつきます。

今回は新車購入から3年経った車検だったのですが、3年でようやくここかと思うと呆れるものもありますが、今までが不満だらけだったことを考えると、嬉しくなったりもします。

 

そんなこんなで今日は、omni7自動購入をリリースしました。2週間のお試し期間を設けていますので、ぜひ使ってやって下さい!!